浅草橋ゴルフクラブ

03-5821-5624

コーチ紹介

◆高岡 健治プロ インタビュー

高岡さんは俳優というちょっとユニークな経歴もお持ちですね。以前からスポーツはされていましたか。

子供のころから体力には自信がありまして、高校3年まで野球に打ち込んでいました。ピッチャーで4番のエースだったんですよ!野球漬けの毎日でしたね。

部活動を引退し、友人の付き添いで歌のオーディションに行ったのですが、ひょんな事から出場することになって、それがきっかけで芸能界に入ったんです。

ゴルフを始めるきっかけは何でしたか。

仕事でのお付き合いで、40才過ぎからプロアマのゴルフ大会に参加したことはあります。まっすぐ飛ばなくてストレスを溜めた記憶がありますね(笑)。

何度かお付き合いで参加させていただきましたが、それでも年配者のスポーツだと思っていましたし興味はありませんでしたね。そんな期間が10年以上続いていました。

ただ、青春時代を野球一筋で過ごしてきた私にとって、心の中で何かスポーツマンとしての情熱のようなものを置き忘れてきた思いはずっと持っていたんです。

54才のころ、ゴルフだったらまだプロになれる道が残っていることを知り、青春時代の情熱が蘇り、プロになりたい一心でチャレンジしました。

50歳を過ぎて、3年でプロテストに合格されたと伺いました。短期間で上達するコツのようなものはあったのでしょうか。

〝思い立ったらスグ行動する〟のが私の性格。それからはゴルフ中心の生活が始まりました。もともと体力には自信があったので、肉体的には全く苦にならなかったですね。

スポーツ新聞社主催のゴルフ大会に出場したり、PGAツアー・チャンピオンズ出場にアメリカに渡り、4日間プレーしたこともあります。結果は…散々でした(笑)。

海外の有名なプレーヤーを見ていると、ボールに意識があるんじゃないか、と思えるぐらい、技術精度の高さを思い知らされましたね。

それからも一層プロになりたい思いが強くなり、私のゴルフ熱はさらに高まりその魅力に夢中になっていきました。
そしてプロテストに合格!3年という短期間でも、真剣に打ち込めば思いは叶うことを実感しましたね。

初めてゴルフにチャレンジする方にアドバイスをお願いします。

ゴルフは、理論(①クラブ ②体 ③考え方)を理解することが上達の近道だと考えています。練習場でやみくもに打っていても上達は望めません。

私はアメリカのプロコーチから教授されたシンプルでわかりやすいレッスンを心掛けております。

ゴルフは繊細なスポーツ。そこで、メンタル面を強化するというよりは皆さんが理解、納得し〝思い切り良くスイングできる〟ことを目指してレッスンさせていただいております。

人もスイングも十人十色。その人に合った〝イイところ〟を伸ばしてあげれるよう楽しくレッスンさせていただきます!

私たちと楽しいゴルフ、始めてみませんか?